派遣ナース

不妊治療って精神的な負担が大きい((+_+))派遣なら無理なく続けられますよ★

私は結婚したのが遅く、30歳を過ぎていました。
まさか、自分が不妊症だなんて、思ってもいませんでした。
結婚して何年経っても子供ができないので、病院に行ってみたところ、不妊症だと診断されたんです。
私は、どうしても子供が欲しかったので、不妊治療を始める事にしました。

 

その頃の私は、常勤として一般の病院で働いていました。
長く働いていたので、責任者的な立場で、後輩や新人、中途採用の方の指導にも当たっていて、毎日、
かなり忙しく仕事をしていました。
そんな状況だったので、不妊治療になかなか通う事ができませんでしたね。
不妊治療というのは、精神的な負担がとても大きいんです。
何年治療を続けても、妊娠できないので、気分的にかなり落ち込みましたね。

 

そんな時に、私と同じように不妊治療をしていた友達の話を聞いたんです。
彼女も忙しく仕事をしていたんですが、のんびりとした生活をして、治療に専念しようと思い、
派遣で働く事にしたそうです。
そうしたところ、妊娠が発覚したとの事です。

 

私は、その話を聞いて、かなり迷ったんですが、退職する事にしました。
妊娠というのは、やはり、生活のリズムや精神的な面が大きく関係するので、今までの不規則な生活を改めて、
食事にも気をつけて、不妊治療に専念しました。

 

そのお陰で、妊娠する事ができました。
治療に専念した事も大きな理由だと思いますが、ストレスの溜まる生活から、ゆったりとした生活に変えた事が、
良かったんだと思います。
派遣の看護師http://www.nihealthjobs.com/の仕事は、自分のペースに合わせて仕事をする事ができて、給料が高いので、
プライベートを重視したい方にはお勧めだと思います。
私は、派遣の仕事に変えて良かったなと、つくづく思いますね。

職場の方とはどんな話をしますか?

看護師の仕事をする上で、職場の人間関係ってとても大切ですよね。
人間関係が良いか悪いかで、職場の雰囲気が全く違ってくるし、仕事にも影響すると思うんですよね。
私が働いている職場は、自分と同じような小さな子供を持っているママさんナースから、50代、60代のベテランの年配の看護師まで、
様々な年代の方が働いているんですよ。
年代にこだわらないで、いつもいろいろな話題で盛り上がっているんです。

 

同年代の看護師とは、子育ての悩みや仕事の悩み、嫁世代の話で大盛り上がりですよね。
そんな場面に、50代、60代のベテランの看護師が加わると、子育てについてのアドバイスを貰ったり、自分達とは違う立場の、
姑世代のいろいろな話を聞く事ができて、とても勉強になるんです。

 

現代では、子育てしながら働く事について、理解をしてもらえないという事はそれほどないですよね。
でも、年配の看護師から、昔は、子育てしながら働く事を理解してもらえなくて大変だった、という話を聞くと、
私達は恵まれてるんだな、と思いますよね。
だって、昔は、保育園も充実していなかったし、延長保育や24時間保育園なんてなかったんですよ。
子育てと仕事の両立がどんなに大変だったか、想像もつかないですよね。

 

私達は、毎日こんな感じでいろいろな話をしながら働いています。
年代が違っても、話が合うし、とても楽しいですよ。
会話が多いから、コミュニケーションも良く取れているので、それが仕事にもいい影響になってるんですよ。
みんなで、お互いに協力して、急な休みなどにも助け合って働いています。
看護師の仕事http://www.brooklynheightsorchestra.org/って、チームワークも大切ですよね。
私達の職場に関しては、チームワークについてはもうバッチリですよね。